Python学習講座

PythonエンジニアによるPython3学習支援サイト

DB操作

mysqlclient Python3でMySQLに接続する

2017/04/20


今日はPython3でMySQLに接続する方法についてです。

ドライバーについて

Python3でMySQLに接続するドライバーは決め手がない、と言われていますが、当サイトではmysqlclientをおすすめします。これはPython2系でよく利用されていたMySQLdbからフォークされたものです。

mysqlclientのインストールはpipで可能ですが、linux環境では事前に以下のライブラリをインストール必要があります。

# debian系
apt-get install python-dev libmysqlclient-dev

# rhl系
yum install python-devel mysql-devel

pipは以下の通りです。

pip install mysqlclient

接続及びSELECT文の実行

インストールが完了したら、早速接続してクエリを投げてみましょう。
[接続 & selectサンプル]

import MySQLdb

def db_sample():
    """ 接続サンプル """

    # 接続する 
    con = MySQLdb.connect(
            user='db user',
            passwd='db password',
            host='localhost',
            db='sample')

    # カーソルを取得する
    cur= con.cursor()
    
    # クエリを実行する
    sql = "select id, body, post_code, created from posts"
    cur.execute(sql)

    # 実行結果をすべて取得する
    rows = cur.fetchall()
    
    # 一行ずつ表示する
    for row in rows:
        print(row)

    cur.close
    con.close

if __name__ == "__main__":
    db_sample()

カーソルに対し、fetchallを利用すると、行がすべて取得できます。rowはタプル形式です。以下のような形で出力されます。
[実行結果]
(1, 'aaaaaaaaaa', 1, '2016-10-16 22:51:55')
(2, 'bbbbbbbbbb', 1, '2016-10-16 22:52:03')
(3, 'cccccccccc', 1, '2016-10-16 22:52:06')
(4, 'dddddddddd', 2, '2016-10-16 22:52:11')
(5, 'eeeeeeeeee', 2, '2016-10-16 22:52:17')

先頭の一行だけ取得したい場合は以下のように、fetchoneを利用します。

    row = cur.fetchone()

SQL実行時にパラメータを指定する

では次に、SQLにパラメーターを渡してみましょう。

import MySQLdb

def db_sample():
    """ 接続サンプル """

    # 接続する 
    con = MySQLdb.connect(
            user='db user',
            passwd='db password',
            host='localhost',
            db='sample')

    # カーソルを取得する
    cur= con.cursor()
    
    # クエリを実行する
    sql = "select id, body, post_code, created from posts where id > %s and post_code in %s"
    cur.execute(sql, (1, [1, 2, 3], ))

    # 実行結果をすべて取得する
    rows = cur.fetchall()
    
    # 一行ずつ表示する
    for row in rows:
        print(row)

    cur.close
    con.close

if __name__ == "__main__":
    db_sample()

SQL内でパラメータにしたい箇所は%sにし、cur.executeの第2引数にパラメータをタプルで指定します。in句の場合、リストが利用できます。

更新系

最後に更新系の処理です。といっても、select文と同様、executeメソッドでsqlを実行すればOKです。

import MySQLdb

def db_sample():
    """ 接続サンプル """

    # 接続する 
    con = MySQLdb.connect(
            user='db user',
            passwd='db password',
            host='localhost',
            db='sample')

    # カーソルを取得する
    cur= con.cursor()
    
    # 更新系SQLを実行する

    # insert
    insert_sql = "insert into `sample`.`posts` (`body`, `post_code`, `created`) VALUES (%s, %s, now());"
    cur.execute(insert_sql, ("body text" , 3, ))
    
    update_sql = "update `sample`.`posts` SET `post_code`='3' WHERE `id`=%s;"
    cur.execute(update_sql, (6, ))

    delete_sql = "delete from `sample`.`posts` where id = %s;"
    cur.execute(delete_sql, (6, ))


    cur.close
    con.close

if __name__ == "__main__":
    db_sample()

-DB操作
-