TAG 関数

Lambda式

lambda式とは lambda(ラムダ)式とは、一時的に利用する無名関数を記述する方法で、以下の形式で記述します。 サンプルを見てみましょう。以下のサンプルでは引数xが奇数かどうかを判定した結果を返す関数をlambda...

内部関数(inner function)とnonlocal宣言

内部関数(inner function) Pythonでは、関数内部に関数を定義することが可能です。この関数を内部関数(inner function)と呼びます。 先ほどの関数オブジェクトの考え方を応用すると、関数の戻り...

global宣言

ローカル変数とグローバル変数 これまで使用したPythonの変数の宣言箇所は大別すると以下の通り関数内外の2通りがあります。 関数の外側 関数の内側 上の例でいうとxは関数の外側、yは関数の内側で定義されています。関数の...

可変長引数

このページでは可変長引数について解説します。非常に便利な機能なのですが、バリエーションが多いため苦手とする方も多いかもしれません。とはいえ前回学習した「位置引数」と「キーワード引数」がわかっていればすんなり理解できるかと...

キーワード引数

今回は関数の呼び出し時に指定する引数の様々な記法について解説します。 (※この記事は入門編「関数の定義」を加筆分割したものになります。) 位置引数とキーワード引数 Pythonでは引数の指定方法が2つあります。1つはこれ...

デフォルト引数

前回はPythonの関数の初歩的な部分について解説しました。今回はデフォルト引数について解説します。 (※この記事は入門編「デフォルト引数の破壊」を加筆修正したものになります。) デフォルト引数 Pythonの関数にはデ...

関数の基本

ここから関数について解説します。Pythonの関数の記述方法は柔軟で様々なのですが、順を追って解説します。まずは基本的な関数の定義方法と呼び出し方法について解説します。 2021/9/25 ※この記事は加筆し以降のページ...