組み込みクラスの関数とstr

組み込みクラス

組み込み関数として用意されているもののうち、以下の関数の実体は組み込みクラスです。

  • bool()
  • bytearray()
  • bytes()
  • complex()
  • dict()
  • float()
  • frozenset()
  • int()
  • list()
  • object()
  • range()
  • set()
  • slice()
  • str()
  • tuple()

str関数 オブジェクトの文字列表現の取得

それぞれ同名の型のオブジェクトを生成しますが、特に重要なのがstr関数です。この関数は、引数で指定したオブジェクトの文字列表現を返します。

日付や時間、UUID、数式、行列、etc、pythonでは様々な型を扱いますが、最終的に画面やDBなどに出力する際、文字列で扱う必要が出てくることが多くなります。

便利なことに、よく使われる多くのオブジェクトはstr関数で人間が見やすい形の文字列を取得することができるのです。

例えば、日付と時間 その2で学習した日付型のdatetime.dateの文字列表現を取得してみましょう。

from datetime import date
d = date(2018, 12, 2)
str(d)
# 2018-12-02

yyyy-mm-ddの文字列が取得できました。これはそのオブジェクトのクラスに特殊メソッド__str__が実装されていることによります。
(__str__については基本的な特殊メソッドと__str__を参照してください。)