None型

値が存在しないことを表すNone

値が存在しない場合、PythonではNoneを利用します。CやJava、C#のnullに相当します。

ある変数valにNoneを代入する場合は以下のように記述します。

val = None

変数をとりあえず初期化する際に使用できます。

noneかどうかを判定する

オブジェクトがNoneかどうかを判定する際はisを使います。(if文についてはまだ説明していませんが、別途説明します。わからない方は一旦飛ばして構いません。)

val = None

if val is None:
    print('val is None') # この行が出力される

noneの評価と空文字

また、None自体はif文でFalseと評価されます。

val = None

if val:
    print('True')
else:
    print('False') # この行が出力される

ただし、偽として評価されるものは他にもあるので注意してください。例えば空文字がそれに該当します。

val = ''

if val:
    print('True')
else:
    print('False') # この行が出力される

詳しくはこちらを参照してください。

Noneの文字列表現

Noneを使用する際にもう1点、注意が必要なのが文字列表現です。Noneをprint関数などで出力してみましょう。

var = None
print(var)    # Noneが出力される

Noneという文字列が出力されるため、ログなどで空文字を期待した実装をする際には注意が必要です。以下リンクに回避方法のイディオムを紹介していますので興味がある方は参考にしてください。
文字列がNoneの場合はブランクにする