数学系の組み込み関数

組み込み関数のうち、計算に使用できるものをいくつかご紹介します。

sum() 合計を求める

リストや集合などのイテラブルなオブジェクトの要素の合計値を計算します。

l = [1, 2, 3]
sum(l)
# 6

s = {4, 5, 7}
sum(s)
# 16

abs() 絶対値を求める

引数で指定した数値の絶対値を求めることができます。また、引数に複素数が指定された場合、複素数の絶対値を取得することができます。

abs(100)
# 100

abs(-99)
# 99

abs(1j + 3)
# 3.1622776601683795

max()/ min() 最大値/ 最小値を求める

max()、min()は、リストや集合などのイテラブルなオブジェクトの要素の最大値、最小値を計算することができます。

l = [1, 2, 3]
max(l)
# 3

s = {4, 5, 7}
min(s)
# 4

pow() べき乗計算をおこなう

pow()でべき乗計算を行うことができます。2の3乗を計算する場合、以下のように書きます。

pow(2, 3)
# 8

2 ** 3と同等なのですが、関数オブジェクトとして引数などに渡したりして扱うことができます。

round() 丸める

round()は丸める対象の数値と、丸める桁数を指定して最も近い値に丸められます。また、丸める桁数を省略した場合は整数が返されます。

round(3.14159, 2)
# 3.14

round(3.14159, 4)
# 3.1416

round(3.14159)
# 3

上のサンプルではそれぞれ小数点以下2桁、4桁、0桁(指定なし)で丸めを行っています。

N進数に変換する

2、8、16進数といったよく使うN進数には組み込み関数で用意されています。

bin() 2進数に変換する

bin()は引数で指定した整数を2進数に変換します。

bin(255)
# '0b11111111'

bin(256)
# '0b100000000'

oct() 8進数に変換する

oct()は引数で指定した整数を8進数に変換します。

oct(255)
# '0o377'

oct(256)
# '0o400'

hex() 16進数に変換する

hex()は引数で指定した整数を16進数に変換します。

hex(255)
# '0xff'

hex(256)
# '0x100'