axesのカスタマイズ グラフの汎用要素

前回、figureとaxesの関係について解説しました。今回はaxesのカスタマイズについて解説します。

グラフの汎用要素

グラフやチャートには散布図、棒グラフ、円グラフe.t.c.等、様々な種類があります。これらのグラフは目的に応じて異なる形状をしていますが、一方で種類によらず共通する要素も多々あります。例えば以下のようなものが挙げられます。

  • グラフのタイトル
  • グリッド
  • X軸、Y軸の範囲
  • X軸、Y軸のラベル
  • 凡例

こういった要素についてはmatplotlibではaxesオブジェクトに対して設定を行います。

以下、axesに対するカスタマイズ方法について列挙します。記事下部にサンプルを掲載していますが人によってはそちらを先に読んだほうがわかりやすいかもしれません。

グラフのタイトル

グラフタイトルを設定する場合、set_titleで指定します。

グラフタイトル
ax.set_title(‘グラフタイトル’)

グリッド

gridにTrueを設定するとグリッドが表示されます。

グリッドの設定
ax.grid(True)

X軸、Y軸の範囲

set_xlim、set_ylimでそれぞれx軸、y軸の範囲を指定することができます。

X軸の範囲
ax.set_xlim(left=-2, right=2)
Y軸の範囲
ax.set_ylim(bottom=-2, top=2)

X軸、Y軸のラベル

set_xlabel、set_ylabelでそれぞれx軸、y軸のラベルを設定することができます。

X軸のラベル
ax.set_xlabel(‘x’)
Y軸のラベル
ax.set_ylabel(‘f(x)’)

凡例

legendでグラフの凡例を設定することができます。引数に系列ごとのリストを設定します。

凡例
ax.legend(説明リスト)

axのカスタマイズ例

それではサンプルです。上で説明したaxesに設定する汎用要素を利用する場合のコード例です。例として線グラフを使用していますが、細かい説明は別頁にて行う予定です。

import matplotlib.pyplot as plt

# figureを生成
fig1 = plt.figure(1)

# グラフ描画設定
ax = fig1.add_subplot(111)
x1 = [-2, 0, 2]
y1 = [-2, 0, 2]
ax.plot(x1, y1)

x2 = [-2, 0, 2]
y2 = [-4, 0, 4]
ax.plot(x2, y2)

ax.grid(True)  # grid表示ON
ax.set_xlim(left=-2, right=2)  # x範囲
ax.set_ylim(bottom=-2, top=2)  # y範囲
ax.set_xlabel('x')  # x軸ラベル
ax.set_ylabel('y')  # y軸ラベル
ax.set_title('ax title')  # グラフタイトル
ax.legend(['f(x)=x', 'g(x)=2x'])  # 凡例を表示
plt.show()

実行結果は以下のとおりです。

タイトルや凡例といった汎用要素が設定されたことが確認できます。