matplotlib入門 折れ線グラフ編

散布図、棒グラフに引き続き、今回は折れ線グラフについてです。時系列で推移を比較する際に利用する場合が多いですね。散布図、棒グラフと比べて、比較的簡単だと思います。

では早速サンプルです。とりあえず動かしてみましょう。特に説明は不要かと思います。plot関数でx、yのリストを指定するだけです。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

# 折れ線グラフを出力
left = np.array([1, 2, 3, 4, 5]) # x軸を設定
height = np.array([100, 300, 200, 500, 0]) # 高さを設定
plt.plot(left, height)
plt.show()

実行結果

線の種類、マーカーを変えてみる

線の種類

では次にオプションとしてマーカー、線の種類を設定してみましょう。plot関数の第3引数に指定指定します。

指定できる線の種類は以下の通りです。

出力
実線
点線
: 細かい点線
-. 複合点線
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt 
 
# 折れ線グラフを出力
left = np.array([1, 2, 3, 4]) # x軸を設定
height1 = np.array([100, 300, 200, 100])
height2 = np.array([110, 310, 210, 110])
height3 = np.array([120, 320, 220, 120])
height4 = np.array([130, 330, 230, 130])

# 線の種類を色々変えてみる
plt.plot(left, height1, '-', color='#ff0000')
plt.plot(left, height2, '--', color='#00ff00')
plt.plot(left, height3, ':', color='#0000ff')
plt.plot(left, height4, '-.', color='#ff00ff')
plt.show()

実行結果

マーカー

マーカーの種類は、matplotlib入門 散布図編2に記述したものと同様なので、一覧は割愛します。第3引数に線の種類と一緒に指定します。

以下は先ほどのコードにマーカーの指定を加えたものです。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt 
 
# 折れ線グラフを出力
left = np.array([1, 2, 3, 4]) # x軸を設定
height1 = np.array([100, 300, 200, 100])
height2 = np.array([110, 310, 210, 110])
height3 = np.array([120, 320, 220, 120])
height4 = np.array([130, 330, 230, 130])

# 線の種類を色々変えてみる
plt.plot(left, height1, '-D', color='#ff0000')
plt.plot(left, height2, '--H', color='#00ff00')
plt.plot(left, height3, ':p', color='#0000ff')
plt.plot(left, height4, '-.*', color='#ff00ff')
plt.show()

実行結果

グラフを塗りつぶす

fill_between関数を利用すると、第3引数で指定した高さとグラフに囲まれた領域が塗りつぶされます。三角関数をサンプルに表示してみましょう。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt 

x = np.linspace(0, 5)
y = np.sin(np.pi * x)
plt.fill_between(x, y, 0, color='#00a0ff')
plt.show()

実行結果

また、第3引数に1を指定すると、以下のようになります。
実行結果